banner

土地を購入したきっかけ

私はこれまでずっとマンションやアパートに暮らしていて、数年に一度は引越しを繰り返してきました。もちろん長い目でみると土地や家を購入するほうが安いのは当然ですが、一ヶ所にずっと暮らしているのは人生がつまらないような気がしていました。ですからマイホームにそれほどのこだわりはありませんでした。それでも家や土地の購入に関心がないわけではなく、貯金をしながら安くてお得な物件はないものかといつも不動産情報などを見ていました。 マンションや家を購入して何十年もローンを払い続ける人は多いですが、私はあまりそういう買い物はしたくありませんでした。まずは大部分の費用を準備してしまい、その費用の範囲で最高の土地や物件をねらおうと考えていました。基本は色々なところに住みたい、でもあわてずにしっかりと準備をして安くて魅力的な土地や家が紹介されたら飛びつこうと考えていました。ずっと継続して新聞広告や不動産情報を見ていると、何がお徳で何が損なのかを徐々に把握することができるようになりました。同じ金額を払ってもこんなに違いがあるんだと驚きました。 貯金もかなりたまり、あとはチャンスがあれば狙うだけでした。それから2年が過ぎたある日、都市郊外にあるこれから開発する土地の情報ができました。その場所は郊外ですが、買い物は便利で何よりも自然に囲まれています。それでも交通の便利もあり、将来ゆっくりと暮らすには最高のポジションでした。しかも特別安く、ローンを組まなくても現金で買えるほどでした。早速、その土地を家族と共に見に行き、間違いないと思い購入しました。数年をかけて十分に準備したおかげだで満足できる良い土地が購入できたと感じています。
不動産の購入というのは必ず大きな買い物なりますので、しっかりと下準備をしておくことが非常に大事になります。

what's new

Copyright(C)2013 不動産物件の購入で考えるべきこと All Rights Reserved.